CopyRight 2019 Red Create LLC All rights reserved

​Real vol.1

「何の為に、服を着るのか」

寒い時に、体を暖かくしたり

暑い日差しから、肌を守ったり。

お気に入りの色や形。

自分に合う素材なんかもあった。

服はいつも自分の心と体と

向き合ってきた。

いつからだろう。

周りの評価を気にして、

服を選ぶようになったのは。

 

第一メリヤス株式会社

​  代表取締役 小久保 貴光

      

      ×

合同会社レッドクリエイト

 

 A.Ka代表 三井所 健太郎     

          

​100年のニットの歴史を紡ぐ、「第一メリヤス株式会社」

大量・安価な海外生産の影響で、廃業に追い込まれる日本工場が多い中、

今なお国内外から生産の依頼が殺到する。

極限まで追求した原料と技術。

目利きの鋭い大阪の商人を唸らせ、虜にしている、

モノづくりのリアルな現場に伺いました。

​前編

後編

​前編

​縫わずに、編む。​手間以上の感動。

本日はよろしくお願い致します。

三井所

よろしくお願い致します。

小久保

まずは今回、第一メリヤス様にお話を伺える事を本当にありがたく思います。

三井所

そう言っていただけると嬉しいです。

どのようにして当社をお知りになったんですか?

小久保

そうですね。

御社の商品を量販店で見る機会は少ないので、巡り会うのに時間が掛かりました。

三井所

はい。

当社は一般的な市場とは異なり、少量かつ限られたルートでしか生産・販売をしておりません。

​小久保

インターネット販売においても、自社ECでも積極的な販売をしてませんよね?

メリヤスさんの商品を取り寄せるのに、色々な苦労があった記憶が。。

三井所

すいません笑。

小久保

巡り会うことができたのは、私自身が品質の良い肌着を「使いたい」、と思うと同時に「作りたい」と思っていたからです。

その為、ショッピング目線ではなく、「職人、縫製、高品質」のようなキーワードで良いモノをつくり出す人を探していました。

三井所

そうなんですね。

良い工場は見つかりました?

小久保

縫製工場もいくつか伺いました。どこも「高品質、安価、短納期」を謳ってますが正直、ピンとこないというか、想い通りの工場を見つけることが出来ませんでした。

その中で、「無縫製」という技術を耳にしました。

良い縫製工場を探していたのに、「無縫製?縫わない、なんだこれは?」という感覚でした。

三井所

大量生産を主にする工場では確かに目にすることはないかとないかと思います。

小久保

無縫製について簡単に説明いただけますか?

三井所

はい。

無縫製は肌や生地のストレスの原因となる凹凸や不整物を出さない製法、つまり「縫わずに編む」ということです。

小久保

縫わずに編む?

三井所

はい、先ほど「縫製」と仰られましたが、「縫う」という行為には、そこに裁断された2つの生地があるんですね。

異なる生地を縫い付けるわけですから、どんなに良い技術や職人でも、そこには凹凸や生地の弱さが出来てしまうんです。

小久保

なるほど。

三井所

その分 生地を大量に裁断し、ミシンで「よーいドン!」で縫製できるわけですから大量かつ効率的、安価に仕上がるというメリットがあります。

一方で、無縫製技術は高価で貴重な資源である原料を、必要な分だけ使用して、極力廃棄物が出ないように生成することも目的の一つであります。

小久保

一体の成型を一本の糸から地道に編んでいくんですよね。

三井所

はい。

時代に合わせ機械も進歩しましたが、それでも人間の手が必要です。

人の知恵と経験による技術を基に針を通します。

細かなカスやホコリが入るだけでも設計が崩れるので常に8時間おきで清掃、メンテンナンスが必要です。

小久保

小久保

三井所

小久保

三井所

小久保

三井所

小久保

三井所

小久保

手間と時間がかかり、大量生産が出来ないので、生産性や利益面で扱いづらい技術なんです。

それで全国店舗やECでは販売していないんですね。

はい。

全国展開をする販売企業からすると、

「儲け」の観点からもっと扱いやすい技術や商品がありますから。

 

当社は、第一メリヤスに信頼を頂き、

生産に理解頂けるごく限られた商いの方に卸しています。

  

そして、そこまでしても当社の製品を扱いたい、その先に着続けたいというお客様がいらっしゃることが当社が100年続けてこられた理由でもあると思います。

確かに。

私も第一メリヤスさんの無縫製の肌着を着たのが御社との付き合いのきっかけになりました。

 

有難うございます。

正直、最初は「高いな」と思ったんですね。

みなさん、買う前はそう思うでしょうね。

ただ履いてみると、今までの肌着の概念が壊れるほどの衝撃と感動を受けました。

大げさではなく「値段以上の価値がある。」と。

身体を包み込む感覚。

贅沢な肌触り。

それでいながら蒸れることなく、

常に快適な状態をキープしてくれます。

アウターや靴と違い、肌着は24時間身に付けるものなので、常にこの感覚を味わえるのは幸せだなと思いました。

そう言って頂けると嬉しいです。

無縫製は先ほどの手間以上の感動を味わえるんですよね。一度履くと止められない。

  

そして、長持ちするので毎年使い捨てしなくていいんです。

なので自分にも地球にもコスパがいいと思ってます。

リピーターと申しますか、昔から大事にして頂けるお客様が多いです。  

​天然原料(ウール)で作った布おむつ

0

​「本物」を、ジブンに。